必ずと言い切れる事ではありませんが、交通事故の被害者になってしまった場合には怪我の治療などを行った後、後遺症が認められるケースがあります。
事故による後遺症と一言で言っても非常に様々なものがあり、認定を受けるまでにもある程度の期間が必要になってきます。
まず後遺症認定を行うためには、症状固定までの期間、病院に通い続けしっかりとした治療を行う必要があります。

これ以上の治療を行っても特に大きな変化が見られないといった段階で症状固定になりますが、症状固定の後で後遺障害等級についての認定申請を行うことができます。
ここで認定申請を行うと、その後細かな検査などが行われ、後遺症に該当するようであれば1級から14級までに分かれている等級に認定されることとなります。
後遺症に関しては上記の通り1級から14級までとなっていますが、1級、そして2級に関しては要介護度介護が不要な場合とで分かれています。

例えば一つの等級の中でも様々な症状があるため、必ずしもこの症状が何級と決められているものではありません。
当然ながら日常生活を始めとして仕事などにも支障が出てしまうほど症状が大きければ大きいほど後遺症認定の等級も高いものになります。

 

後遺症の種類はとても多い

今週の種類は非常に多いと上でも書きましたが、例えば最も低い等級とされている14級の場合にはまぶたの一部に欠損を残していることやまつげが抜け落ちてしまい、再び生えてくる可能性が非常に少ないといった症状などがあります。
またこの他にも事故の段階では聴力に大きな問題がなかったにもかかわらず、事故後は1メートル以上離れてしまうと聴力が著しく低下してしまうなどと言った場合にも後遺症認定が行われることになります。

その他手の親指以外でどこか1本でも指を失ってしまったというものや、局部に神経症状を残すものなどといった決まりがあります。
このような細かな症状がそれぞれの等級で決められており、最も高いとされている一級の場合には要介護のケースでは神経系統の機能または精神に著しい障害を残し、常に介護を要するもの、もしくは胸腹部機器の機能に著しい障害を残し常に介護を要するものといった決まりがあります。

このような症状に当てはまる場合には、後遺症認定が行われ、さらに要介護となった場合には介護をするために必要な道具などについても保証されることとなっています。

 

後遺症は逸失利益を受け取れる

前述の通り様々な等級、そして症状に分かれている後遺症ですが、このような後遺障害が認定された場合には症状が残ってしまうことによって、お仕事などには大きな支障が出てしまい、本来であれば支給されたはずの給料が支給されなくなってしまうようなことが考えられます。
この場合には事故前に働いていた仕事内容や給料から記載した上で後遺障害による逸失利益を受け取ることができるようになっています。

逸失利益の計算方法についてはそれぞれの事故前の収入などから計算されることになっているのですが、やはりここでも等級が高ければ高いほど、逸失利益をはじめとして入院や通院などに関しての慰謝料も高くなっています。
また後遺障害等級の認定申請を行うには、自賠責保険会社となっていますので審査を行った後、様々な検査を受けることになります。
加害者が任意保険に加入していれば保険会社が後遺症についての事前認定などを行ってくれますので、その他の書類手続きについても任せることができます。

しかし、相手側の保険会社ということになるため被害者の立場に立って親身になり検査の申請などを行ってくれるかどうかは分からない部分となってしまいます。
そのため後遺症について少しでも不安に感じるようなことがあれば、自分の保険会社で確認する以外にも、検査の結果が納得いかないなどといった理由で、弁護士を通じて必要な検査を全て行った上で、後遺症認定を行うという方法もあります。